FC2ブログ

神話 シン・へソン タイ初ファンミーティング開催!Shin Hye Sung Live Music Show in Bangkok

バンコク、ペッブリー通りにあるMシアターで、シン・へソンのタイ初ファンミーティングが開催されました。

会場にはタイ人のほか、中国、台湾、香港、マレーシア、シンガポール、日本、韓国とアジア各国からのファンが詰め掛け、いろいろな言語が飛び交っていました。

王様賛歌の後、17時25分頃にファンミーティングは始まりました。

まずは、曲のイントロが流れ、大歓声の中をへソンが登場。
SHINHYESUNG01_20100809002402.jpg

しかし、曲が始まってもへソンの声が聞こえないと思ったら、なんとマイクが入っていないというアクシデント。
へソンが「今のことはどうぞ、忘れてください。One more time!」と仕切り直し。
そんなアクシデントも感じさせないほどの素晴らしい歌声でした。

ファンからの歓声に、感激したへソンは、「4年ぶりにタイに来ましたが、来たことは間違いではありませんでした。
来て本当に良かったです」と挨拶。
また、インターナショナルなファン層を考え、挨拶は出来る限り英語も交えてくれていました。

そのあと、司会者の登場とともに、Yes or Noクイズが始まりました。

SHINHYESUNG02_20100809002410.jpg

うちわの片面ずつに、それぞれYes Noと書かれているものをへソンに持ってもらい、「答えたくない質問があったら、中間点を見せてください。質問に納得がいかなかったらたたいてもいいです」と司会者が冗談でいうと、へソンはお茶目に司会者をたたいていました。

・エリックとよく釣りに行くか?→No(1回しかありません。今まで釣った魚で一番大きいものは?との質問に当初このくらいかなと50センチくらい手を広げて、ファンに「オー」と歓声を受けていましたが、自信をなくしたのか、そのうちどんどん小さくなって、このくらいだったかなと最終的に20センチくらいになり、良く覚えていませんと言ってみんなを笑わせていました。)

・ドンワンより踊りがうまいと思う?→Yes(Of courseと答える)

・神話のメンバーで一番結婚が遅いと思う→No(多分、真ん中くらいで、理想のタイプは優しくて性格がいい人)

・仕事のない日は家にいるのが好き→Yes(休息は大事。最長12時間寝たことがあります)

・韓国料理が一番好き→Yes(特にキムチチゲが好き)

・欧米人よりアジア人が好き→Yes(自分もアジア人だから)

・来年も来てくれますか?→まずはファンに聞かないと(ファンはもちろんYes)Yes

・映画は恋愛ものより、コメディーが好き→Yes(コメディーやアクションものが好き)

・無人島に持って行くとしたら携帯?→No(役に立たないから。食べ物を持って行く)

・雨は好き?→Yes(雨が降っているときは、友達とお酒を飲みに行きたくなります)

・おごるのは好き?→Yes(司会者に本当?と突っ込まれ、笑いながら司会者を叩いていました。)

・メンバーで一番、冗談好き?→No(チョンジンが叩きたくなるほどの、冗談好き。)

これらの質問に、あるときは「Next!」と冗談好きの司会者を叩きながら、ユーモラスに答えていました。

その次はファンがへソンに願いをかなえてもらうというコーナー。

選ばれたファンは、壇上で願いをかなえてもらい、へソンにハグをしてもらい、しかも一緒に写真を取ってそのポラロイドにサインをもらっていました。ファンには夢のようなひと時だったことでしょう。

SHINHYESUNG03_20100809002418.jpg


・韓国でサウナに入るときのように、タオルを折って頭にかぶせてください。(タイには無いのですか?とへソン)
・友達がへソンの大ファンなので、友達のことを抱きしめてあげてください。(お願いした本人も抱きしめてもらっていました)
・大学の入学試験に受かったばかりなので、応援の言葉をください。(へソンが、「ファイティング」の掛け声を)
・猫の絵を描いてください。(皆さん、これは100パーセント猫の絵ですよ)と照れながら絵を見せてくれました。

そのあと、いつも一緒にコンサートを回っているというギターとピアノのメンバーを紹介。
2人にへソンの人柄を質問しました。

まず、ギター奏者に「へソンはどんな人?」と質問。とってもかっこいいですとの返答が返ってきました。

その後、ピアノ奏者に「へソンはさっき人にごちそうするのが好きだと言っていましたが、おごってもらったことありますか?との質問。彼は、非常に答えずらそうに、「一緒にご飯には行ったことがありますが・・・」といい、「いいずらいのですが、会社の経費だと言っていた気がします」と。
焦ったへソンは、「しーっ」と内緒のポーズをした後、
「私がごちそうするというと遠慮してこないから会社から出るといいました。」と必死にフォローしていました。

そして、先程の続きで、8月6日が誕生日なので、歌を歌ってくださいというファンの願いが発表されました。(これはシンガポールのファンからのお願だったのですが、なんと自分だと勘違いしたタイ人が歓声を発して、ぬかよろこび。優しいへソンは二人とも上がってくださいと二人に向けて歌を歌ってくれました)


その後、再び神話の歌を含めた歌を披露。
SHINHYESUNG04.jpg

(ファンミでのトータル曲数は、全7曲。)

こちらが、へソンさんのファンの方から教えていただいた曲目です。

オープニング
 君だから

アコースティック
 Love Letter
 恋人
 (MC)
 How Do I Say(SHINHWA)
 Love Actualy
 初めての人
ラスト
 同じ思い


最後に司会者と通訳に、お礼を伝え、そして自分の言葉でファンにお礼を伝えたいといい、
必死に覚えたと思われる、タイ語で

「今日ここまで応援に来てくれた皆さん、本当にありがとうございます。

又会えることを楽しみにしています。

又皆さんに素敵な曲をお届けしたいと思っています」

と伝え、ファンを感激させていました。

約、1時間30分のひと時でしたが、
終始、シン・へソンのユーモラスで気さくな人柄と、
ファンを大切にする気持ちがにじみ出た、とっても素敵なファンミーティングでした。
スポンサーサイト

神話 シン・へソン タイファンミ記者会見 Shin Hye Sung Live Music Show in Bangkok

昨年8月のアンディーのファンミーティングに引き続き、
今年は 『バラードの貴公子』シン・へソンのファンミーティングがバンコクで開かれることとなりました。
(主催者によると、来年も同じ時期に神話のメンバーのファンミを考えているとのことでした。)

明日の本番を控え、本人出席の記者会見が、バンコクのエスプラネードショッピングセンターのアイススケート場で行われました。

今回のバンコクでのファンミーティングは、彼にとって上海、台湾に引き続き3か所目になるそうで、
中華圏から来たファンも多数見受けられました。

また、VIP席を購入したファンは、特典として記者会見に参加できるとあって、
メガネ姿のシン・へソンが会場に現れたときは、割れんばかりのファンの歓声に包まれました。
shinhyesung03.jpg

秋には4枚目のソロアルバムをリリースする予定だというへソン。

「何回目の来タイですか?」との質問に、
「今回が2度目の来タイです」と回答し、
タイファンからは「3回目!!」という突込みの声が。
考えた末に「すみません。神話のコンサートで1回と、パタヤに1回行きましたのでこれが3回目です」と訂正していました。

ファンからの質問タイムでは、

shinhyesung01.jpg

「彼女はいるのですか?」との問いに「ファンの皆さんに信じてもらえるかはわかりませんが、彼女はいません」

「エリックとよく釣りへ行くのですか?」との質問に、「一回だけしか行ったことがありません」とちょっと言いづらそうに答えていました。

又、最後に「兵役から戻ってきたメンバーをどのように迎えたいですか?」との質問に、一瞬考え込んだへソンに「キス!」とのファンからの声が。
恥ずかしそうに、「ではキスして迎えます」と笑っていました。

そのあと、VIP席を購入したファン一人一人に自らのポスターを手渡し、気さくに握手やサインにも応じていました。

shinhyesung02.jpg


ファンミーティングは、明日(8月7日)、ペッブリー通りのM theaterで17時~開演の予定です。
どんな美しいバラードを聴かせてもらえるのでしょうか。
明日の本番が楽しみです。

神話(シンファ)シン・へソン タイ バンコクチケット代行取得2010 Shin Hye Sung Live Music Show in Bangkok チケット代行取得について

shinhyesungbn02.jpg

韓国、日本だけでなくアジアでも活躍中の神話(シンファ)のシン・へソンが去年のエンディに引き続き、タイ・バンコクにて初のファンミーティングを開催!

その名も2010 Shin Hye Sung Live Music Show in Bangkok

タイ、バンコクでのシンへソン(SHINHWA) のファンミーティングにぜひ参加したいというファンの皆様の強いご希望にお応えするために、

チケットの注文から発送までの代行をさせて頂きます。(但し、早く申し込まれ、御入金された方のチケット取得を最優先いたします。)

公演名      2010 Shin Hye Sung Live Music Show in Bangkok(Thailand)
日時        2010年8月7日(土)
場所        M THEATER(ニューペッブリー通り)
開場:16時  開演:17時~(予定)
公演時間   約2時間


こちらのサイトでチケット代行取得を開始いたしますので、
こちらにリンクを貼らせていただきます。

http://thailandticket.web.fc2.com/shinhyesung/shinhyesungbangkok.html     
ご質問のある方は、こちらまでお願いいたします。
pgbankok@pgbangkok.com

※なお、過去ブログで紹介した、東方神起、ジュンスの双子の兄、ZUNOのコンサートについては、7月25日へと延期になっております。他にも、KATTUNのコンサートと“VISIT KOREA YEAR 2010 - 2012 CHARITY CONCERT”
が無期延期になっているほか、少女時代のコンサートが7月に予定されておりましたが、未定の状態です。今回のバンコクでのデモの影響により、タイのエンターテイメント業界も大打撃を受けております。

神話 アンディー タイファンミーティング ANDY Love in Bangkok

今日は、昨日もお伝えしたように、
神話の末っ子アンディーのファンミーティングが催されました。

Andyファンミーティングinバンコク

2006年の神話のコンサート以来の来タイだというアンディ。
タイでのソロコンサートは初めてだということでした。

今日のお客さんの入りは、6~7割といったところだったと思います。
それでも、タイの古くからの神話ファンや日本から来ていた熱心なファンもいて、
客席は常に盛り上がっていました。

Andyファンミーティングinバンコク

歌はもちろんのこと、じゃんけん大会などのさまざまなゲームがあり、
勝者へのプレゼントはアンディーがプロデュースしたという香水でした。

「香水が売れないから、これを景品にしたんだ」などと冗談をいうアンディや、
司会者の話術も手伝って、常に笑いの絶えないファンミーティングとなりました。

Andyファンミーティングinバンコク

途中、アンディーがプロデュースした2人組、ジャンパーのショーがありました。
ただ、今回、一人が病気で来ることが出来ず、
ロッキー君だけの単独のショーとなりました。
彼にとっては先生かつ大先輩のアンディーとのデュエットも難なくこなし、
若いのに、歌はうまいし、踊りもうまい、ロッキー君。
将来の有望株です。

次のアルバムの予定はとの質問に、
「遅くとも10月末までには第2弾ソロアルバムを出します」との回答が。

神話としての活動は、2人のメンバーが兵役から戻ってきてからとなりますが、
アンディーは再び神話として活動することを心待ちにしているそうです。

アンディーは再びタイに来ることをファンと約束し、
タイでのファンミーティングを締めくくりました。

Andyファンミーティングinバンコク

神話(シンファ) アンディ タイ・バンコクにて単独コンサート開催!'ANDY Love in Bangkok'

 韓国を代表するトップグループで、韓国のグループ最高売り上げ記録を持つ「神話(Shinhwa)・シンファ」。
その中でも、メンバーの末っ子、アンディが、タイで初めての単独コンサートを開催します。
アンディ自身がプロデュースした「Jumper」もゲスト出演するそうです。

日時は以下の通りです。

2009年8月8日 会場17時 開演18時
サイアムパーワライ・ロイアル・グランド・シアター(サイアムパラゴン内)・Siampavalai Tpyal Grand Theatre, Siam Paragon
4000(VIP)、3500(VIP)、2500、2000、1500、500B

sinwa andy