FC2ブログ

東方神起 TVXQ! The 3rd Asia Tour Concert "Mirotic" in Bangkok タイ バンコク ミロティックコンサート 曲順詳細 レポート

お待たせいたしました。
7月11日は、中国、北京でコンサートの東方神起。
日本とアジア各国を往復し、2バージョンでのフルコンサート。本当に大変だと思います。

日本版ミロティックコンサート以外に行った事が無いという東方神起ファンの皆様に、
今回バンコクで催された、ミロティックコンサート・アジアツアーinバンコクの詳細をお伝えします。少しでも雰囲気を感じ取っていただければ嬉しいです。

18時過ぎ、ほぼ定刻どおりに美しい海の中を東方神起の5人が魚たちと共に泳いでくる映像が流れ、コンサートがスタート。
左前方にジュンス、左後方にユチョン、右前方にチャンミン、右後方にユンホそして中央にジェジュンが黒と紫のマント姿で現れ「Hey!」(Don‘t Bring Me Down)で幕を開けた。
4人が宙吊り状態で中央のジェジュンの所へ集合。
東方神起ミロティックコンサートinバンコク

続いては「Are U Good Girl?」の曲でメインステージへ移動しセクシーなダンスを披露した。
東方神起ミロティックコンサートinバンコク

3曲目の大ヒット曲「ライジングサン」では会場一杯に花火が打ち上がり特殊効果のオンパレード。

ここまではアップテンポな曲が続いたので、一息入れる意味でバラード「パラダイス」でしっとり歌い上げた。
東方神起ミロティックコンサートinバンコク

続いて「レインボー」を歌い終わった後に東方神起がファンへ「サワディークラップ! プアック ラオ ドンバンシンキ クラップ」とタイ語で挨拶。日本語訳(こんばんは!僕たちは東方神起です)

その後、東方神起を広く名を知らしめたと言われる曲「HUG」(ロックバージョン)を歌った。

そしてユチョンによるソロショーの始まり。ユチョンは白いシャツと白の帽子の衣装でマイケルジャクソンのようなダンスを披露し、ファンへのサプライズでアリーナALゾーンのファンへバラの花、ARゾーンのファンにはキャンディーが手渡された。そして新しいアルバムに収録されているユチョン自作曲「Love My Love」をピアノで弾き語った。

次のソロはジェジュンが美しいバラード「Gue Geot Manee Nae Saesang」を披露。
続いてチャンミンが「Upon This Rock」にて美しいソプラノボイスを披露。

「Wrong Number」の曲の前に銃で撃ち合う5人のショートフィルムが流れ、歌の最後には隠し持っていた銃を客席に向けて発砲した。

次はヒット曲「パープルライン」にてダンスで魅了した後、再び会場は静かな雰囲気となりジュンスが空に向かって赤い風船を飛ばす映像が流れた。映像がアニメに切り替わりメンバーの子供時代の写真が映し出されると会場中は大きな歓声に包まれた。

そして5人がクリーム色の衣装で登場。ステージ上の階段に腰掛けて「Balloon」(ボサノババージョン)歌った(階段に登るときユンホは階段を一段踏み外した)。

その後、チャンミンがステージ左手前方に、一人で登場し「Lullaby」を歌った。その時、ファンへのサプライズとして、ジェジュンが自転車で空を飛びながら、ユンホは傘を差して宙を歩き、ユチョンは天使のようないでたちで空を飛び、ジュンスは魔法使いのようにほうきにまたがりというファンタジーな演出で現れた。

続いて白い衣装登場した5人は「Love In The Ice」を歌った。その際の、ジュンスの歌声は鳥肌モノであった。後半の高音パートはユチョンの素晴らしいハイトーンボイスが聞けた。

「Don‘t Say GoodBye」では5人が会場の花道のそれぞれの方向に散らばりながら歌った。
「Farewell」では会場真ん中に設けられたステージに戻り、5人を乗せた真ん中のステージが持ち上がりくるくると回るという、幻想的な演出を見せてくれた。

続いてユンホとジュンスのダンス対決がビデオの中のAre you ready? の掛け声と共に始まった。最初は、ジュンス。このコンサートのために用意された、「Xiahtic」を上下白のスーツで最高にセクシーなダンスと共に歌い上げた。途中ユチョンがサプライズでフューチャリング。

次に紺色のストライプのスーツで現れたユンホが同じくコンサート用の特別曲「チェックメイト」を歌いながら、タイ語でサヌックマイクラップ?(楽しいですか?)と呼びかけ、女性ダンサーとの熱いダンスにファンは大絶叫。クライマックスのキスシーンに(もちろん、指で唇を覆っていました。)ファンの興奮は最高潮となった。

最新アルバムから「ミロティック」「The Way U Are」(リミックスバージョン)、「Somebody to Love」をノンストップでダンサブルに歌い、花道を四方八方に回りながら、会場の大勢のファンと握手。この瞬間はファンにとっての最高のクライマックスとなった。

コンサート終盤、「クレイジーラブ」を歌いながら、ユンホとジェジュンが終始抱き合いファンは大熱狂。歌い終わった後、「コップクンクラップ」(ありがとう)とメッセージを残しステージ裏へと消えて行った。

会場のファンからはアンコールを求める声が響き渡り、メンバー5人がバンコク限定Tシャツとカラージーンズに身を包み再登場。そして「HaHaHa Song」を可愛らしく歌った。この曲の終わりにユンホがステージ上で転倒してしまったが、大事には至らなかった。

「Sky」の曲が始まるとユチョンが観客の一人の手を持ったと同時に手の甲にキスをした。その瞬間、会場のファンが「ギャーーーーーーーーッ!」と大絶叫。

その後「Song For You」(韓国バージョン)が最後の曲として歌われた。

アンコール終了後もファンは会場から立ち去ろうとせず、東方神起の名を呼び続けていた。するとバラードの「トゥナイト」を歌いながら再び東方神起が登場し、四方の花道にてファンにお別れの挨拶をした。

メインステージに戻ったメンバーはファンの皆に手を振り、「Thailand We Love」とユンホがメッセージ。ジュンスは「コップクンマーククラップ」(ありがとう)と言った後、「See You Again」と言い立ち去っていった。

ファンは名残惜しそうに、「ドンバンシンキ!ドンバンシンキ!」と再びのアンコールを期待し、コールをしていたが、場内は明るくなり、コンサートは終了。

ここまでがバンコクコンサートのレポートです。少しでも、バンコクでのアジアツアーの雰囲気を感じ取ってもらえると嬉しいです。
東方神起ミロティックコンサートinバンコク

また、ミロティックコンサートInバンコクへ残念ながら参加出来なかったファンの方、もちろん参加された方もお楽しみ頂けるコンサート本が発売されましたのでご紹介します。オールカラーの全、63ページ(そのうち、東方神起は47ページ。コンサート前日の会見や、コンサートの画像が収録されています。)
東方神起ミロティックinバンコク写真集

ご興味のある方は、こちらからどうぞ!
スーパージュニアのYAMAHAのCM撮影や会見の模様も同時に収められています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)